指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療) 顎口腔機能診断医療機関

画像|ユニ矯正歯科クリニック

見出し|治療例

見出し|外科的矯正治療

症例1) 下顎前突・開咬:著しい反対咬合と開咬を外科的矯正治療で改善した症例
治療前

画像|下顎前突 治療前

初診時24歳の女性です。主訴は、前歯で噛み切れないことです。歯のがたがた(叢生)に加え、上下の歯が開いています(開咬)。下あごの骨が大きく成長(下顎骨の過成長)してしまい、さらに上あごの骨の成長不足(上顎骨の劣成長)により反対咬合および開咬になっています。これだけ、上あごと下あごのバランスが崩れていると、歯並びだけでは治療不可能です。外科的矯正治療により手術を併用し、治療することになりました。

外科的矯正治療は、矯正治療・手術・入院すべて健康保険適応です(顎口腔機能診断施設の認定を受けたクリニックでのみ可能)。

術前矯正終了時

画像|下顎前突 術前矯正終了時

写真は手術直前の状態です。手術の前の矯正治療で、上あごは第一小臼歯を抜歯し、歯のがたがたを改善しました。下あごは歯を抜かないで整列させました。

外科手術はすべてお口の中で行いますので、お顔に傷が付くことはありません。また、手術に伴う輸血は、事前に自己血輸血を確保しておきますので安全性を確保しています。この患者さんは上顎骨形成術(ル・フォーⅠ型骨切り術)にて、上あごの骨を前方に3mm、さらに後方部を上方に3mm移動させました。下あごの骨は下顎枝矢状分割術により12mm後方に移動させました。

治療後

画像|上顎前突 治療後

マルチブラケットの装着は、術前矯正に約2年、術後矯正に11カ月ほどでした。2か所の手術は大変でしたが、結果に満足していますとのこと。矯正治療と外科治療のすべては、保険治療で、自己負担は、約85万ほどです。前歯の反対咬合と開咬が改善し、噛み切ることができるようになりました!また、歯のらんぐい状態(叢生)も改善し、大きく口を開けて笑えるようになりました!また、下あごの突出感もなくなり、鼻の付け根(中顔面)の陥凹感も改善され、お顔のバランスが整いました。

画像|治療前後

眉毛の付け根とお鼻の下、口角、下あごの位置の比率が整い、お顔のバランスが改善しました。

装置の使用状況や定期的な通院などの患者さんの協力度が非常に重要で、治療結果、治療期間、治療費に影響します。また、 歯の移動するスピードは、個人差があり、予想された治療期間が延びることがあります。社会人の方の手術日は、患者さんと家族そして、会社にとって一番都合のいい日の選択となります。

症例2) 下顎前突:受け口と顔の右曲がりを外科的矯正治療で治療した症例
治療前

画像|下顎前突 治療前

 初診33歳の女性です。主訴は、前歯のぶつかりと下顎が大きい。下あごの骨が大きいことによる反対咬合(受け口)の患者さんです。下の前歯が舌側(内側)に傾いているために、切端咬合(上下の前歯がぶつかっている)になっています。また、左上の第二小臼歯が欠損しているため、上の前歯の中心は左側にずれていて、下あごの骨自体は若干右に曲がっていました。分析の結果、このように、上下の骨の大きさやバランスが崩れているので、歯並び治療と外科的手術をあわせた外科的矯正治療がベストと判断しました。
 術前矯正として、審美ブラケットが装着され、ホワイトコーティングしたワイヤーも使用し、見た目にもなるべく目立たないようにとの患者さんのご希望に応えました。

画像|治療前後

術前矯正終了時

画像|下顎前突 術前矯正終了時

術前矯正が終了した状態です。これから、反対咬合とあごの右曲がりを手術によって改善することになります。手術はお口の中から行われますので、お顔には傷一つつきません。また、手術に伴う出血は、自己血輸血(事前に自分の血を貯血しておくこと)で、安全に対応します。

外科手術後

画像|下顎前突 術前矯正終了時

この様に、噛み合わせが改善しました。下あごの大きさが改善され、また、下あごが左右対称になりました。

治療後

画像|上顎前突 治療後

マルチブラケットの装着は、術前矯正に約2年、術後矯正に1年ほどでした。装置装着時の痛みは3カ月ほどでなれてきたとのことでした。手術は大変でしたが、満足感のほうが、大とのことです。矯正治療と外科治療のすべては、保険治療で、自己負担は、約85万ほどです。手術後の術後矯正が終了し、装置がはずれ、保定期間(裏側から見えない装置で押さえて歯がためすること)に入りました。ものをかみ切ることができるようになり、発音も明瞭になりました。顔のゆがみもとれて、すてきな笑顔となりました!

装置の使用状況や定期的な通院などの患者さんの協力度が非常に重要で、治療結果、治療期間、治療費に影響します。また、 歯の移動するスピードは、個人差があり、予想された治療期間が延びることがあります。社会人の方の手術日は、患者さんと家族そして、会社にとって一番都合のいい日の選択となります。

ページの一番上に戻る