指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療) 顎口腔機能診断医療機関

画像|ユニ矯正歯科クリニック

見出し|治療例

見出し|成長終了後の治療

症例1) 過蓋咬合:深すぎる噛み合わせを改善した症例
治療前

画像|過蓋咬合 治療前

初診時14歳の男の子です。主訴は下の前歯が上の歯ぐきにつきささる。写真のように、下の歯が上の歯に隠れて見えない状態です。下唇は上の前歯に当たるために、下に開いた状態になっています(翻転)。また噛み合わせが深すぎるために、下の歯が上の歯の内側の口蓋という歯肉に食い込んでいるので、傷がつきやすく、前歯で食べ物を噛みきることができません。上あごの歯列が下あご全体を覆い被さってしまっているため、下あごを左右に動かして食べ物をかみ砕くということができません(咀嚼機能低下)。ヘッドギアを用いて、奥歯を正しい位置に動かしながら、マルチブラケットにより噛み合わせの改善を行いました。

画像|ヘッドギア装着

画像|過蓋咬合 治療経過1

上の歯にはユーティリティーアーチという装置を、下の歯にはM-archという装置を用いて上下前歯の噛み合わせの深さを改善していきました。下の前歯が見えるようになりましたね!

画像|過蓋咬合 治療経過2

その後、すべてのはにブラケットつけて噛み合わせの治療行っていきました。

治療後

画像|過蓋咬合 治療後

このように、前歯の噛み合わせの深さが改善され、容易に噛みきることができるようになりました。また、上の歯列の下の歯列への抱え込みがなくなったため、下あごの左右の動きがスムースになり、奥歯でかみ砕き、すり潰すことができるようになりました(咀嚼能率の改善)。下唇の翻転も改善され、より自然な口もととなりました。マルチブラケットの装着は、約2年8カ月ほどでした。ヘッドギヤの使用時間が短く、いろいろ協力性も良くなかったですが、ご家族が治療に熱心に向き合っていただいて、歯を抜かないで歯並びを改善できました。すべての治療費の総額は約75万ほどでした。

装置の使用状況やブラッシングによるプラークコントロールと定期的な通院などの患者さんの協力度が非常に重要で、治療結果、治療期間、治療費に影響します。また、 歯の移動するスピードは、個人差があり、予想された治療期間が延びることがあり、治療費に影響します。

ページの一番上に戻る